読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bohems'

複数人による交換日記

これまでがそうだからこれからもそう

 

恋人に裏切られて、ひとはどうせ浮気をする、という価値観が

定着した人がいる。

 

こうした人に惚れてしまった場合、厄介だ。

自分が浮気をしない人間ではないという証明は、

生涯無実を貫いて、連れ添うことによってなされるからだ。

 

しかし、考えてみると、浮気をしない人間であるという認識は、

事実による証明ではなく、受け取り手へ伝えてある分の情報に加えて、

浮気をしそうな人間の行動傾向を見せないことによってつくられる。

本来それで十分なはず。

 

それでも、疑心暗鬼なひとを信じ込ませるには、やはり生涯による

証明が必要だろうか。

 

「僕は浮気はしないよ」

と言う言葉は、

「僕は今まで浮気はしたことがないよ」か、もしくは

「僕は浮気をしないと生涯をかけて証明するよ」と

言い分けてもいい気がする。

 

ひとりのひとを愛するためには、骨が折れる。

ぼくの骨は何本か折れてしまっているが、

カルシウム不足だったろうか。

牛乳を飲んだらおなかがこわれてしまう体質だから、

王道は避けた骨の鍛え方をしなくちゃいけなくて、

どうにもあたまがおもい。

 

 

 

これまでを変えるためにこれからがあるのに、

これまでがあるからこれからが変えられない。

 

 

つぎはきみでも、ぼくでも。